大黒屋は多くのお客様に支えられ、創業60余年を迎えました

大黒屋大黒屋 無料査定・高価買取実施中!

お電話でのお問い合せはこちら 042-972-3997

お問い合せはコチラ

大黒屋スタッフブログ

2020/08/27(木)

貴金属(金・プラチナ)買取時のお金に対して税金は?埼玉県飯能市のDS大黒屋本店がお答えします!

ブランド品・貴金属買取

こんにちは、埼玉県飯能市のDS大黒屋、買取担当の大峰です!

 

さて、たまにお客さまからお問い合わせがありますので、記事として書き出してみようと思います。

何かと言いますと、金やプラチナを売却(買い取り)に出した際に得たお金は譲渡所得税の対象となるのかどうか。

まず、大切なのは買い取りに出した際に得たお金というのが利益が出ているかどうかということです。

例えば、80万円で購入した金のインゴットが売却したら70万円でした。としましょう。

これは損益として10万円のマイナスが出ていますので、70万円を手元に得ましたが所得の対象とはなりません。

しかし、20万円で購入した金のインゴットが売却したら80万円でした。となると60万円の利益が生じます。

これは譲渡所得税の対象としてなります。

では、60万円すべてが譲渡所得税の対象かというと違います。

譲渡所得には、年間50万円迄の控除額があり、上記内容ですと50万円が控除額で10万円が譲渡所得税対象となります。

更に、この金を取得したのは5年以内なのか5年を超えているのかによっても変わります。

5年以内なら10万円が所得対象としては変わりません。

5年を超えていた金なのであれば、10万円の1/2が譲渡所得となります。つまりは5万円が譲渡所得対象ということですね。

最近金の価格が高騰しているとはいえ、直近で利益が出るとしてもインゴットを購入したグラムが相当ではないと50万円を超える所得を得るのは難しいと思います。

なので、昔々に金が安かった時に購入して、今お売りになる方は対象になる可能性があるということですね。

 

最近では、売却して譲渡所得として税金がかかるのはちょっと・・・という方に向けて、手数料はかかりますが、大きなインゴットの分解に人気があります。

日本マテリアル等で行っておりますが、1kgのインゴットを手数料を支払って100gのインゴットに分解するということですね。

そうすると100gずつ年売却していけば、譲渡所得の対象とならないということです。

上記の分解については、当店の取引先業者でも行っておりますので、仲介をすることも可能です。

大きなインゴットを持っていてどうしようかと考えている方は、是非埼玉県飯能市のDS大黒屋本店へご相談下さい。

税金の相談から買取金額の相談まで幅広くご相談に乗らせていただきます。

 

 

さてさて、ここまで金の売却(買い取り)に関する税金についてお書きしましたが、ちょっと上記に当てはまらない場合がありますので、注意として書いておきます。

 

内容としては「営利目的として継続的に金地金の売買をしている場合、譲渡所得とはならず、その実態により事業所得又は雑所得として総合課税の対象になります」ということです。

なお、金投資口座や金貯蓄口座などからの利益は金地金の現物の譲渡とは異なり、実態は金融取引に近いことから、金融類似商品の収益として一律20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、地方税5%)の税率による源泉分離課税となります。

この分離課税は、源泉徴収だけで課税が終了しますので、他の所得と合算して確定申告をすることはできなくなります。

 

こちらの内容に該当する方は譲渡所得にはなりませんので、ご注意下さい。

 

 

さてさて、2020年にはいってから新型コロナウイルス(COVID-19)関連で金の価格高騰がまだまだ続いておりますね。

先の記事でも記載しましたが、1年前に純金(K24)がやっと¥5,000/g買取金額に到達したと思ったら、現在ではK18(18金)が¥5,150/gの買い取りになってしまいました。

ちなみに現在の純金(K24)は¥6,800/gになっていますから、1年前から比べて2千円近くも上昇しているのですよね。

昨年も既に世界情勢の悪化から金価格の上昇が見えておりましたが、正直K18が¥5,000/gを超えるとは夢にも思わなかったですねぇ・・・・。

 

 

ここで、金価格が高騰することによって影響を及ぼすものは何かを考えてみました。

もちろん、ジュエリー関係は大きな影響を受けますよね。

ブランドジュエリーはもちろん、ノンブランドジュエリーも金価格が高騰すれば原材料価格(原価)の上昇により、販売価格を上げざるをえなくなってきます。

対象は指輪(リング)やネックレス、イヤリング、ピアス、ブレスレット(バングル)、チャームやペンダントトップ等、すべてのジュエリー商品に影響が出ます。

他にも時計で金を使っているブランドやノンブランドもありますよね。

それら金無垢は大体がK18になりますが、それももちろん原材料の高騰となれば販売価格を上げざるをえなくなってきます。

他にも金歯はK14やK18、K20等になりますが、これも原材料が上がれば歯医者さんが大変かもしれませんね。

宝飾とはまた別ではありますが、金貨も金を使っていますね。

カナダ金貨(メイプルリーフ金貨)は有名な金貨の一つですが、メイプルリーフ金貨はK24(純金)になります。

金貨はK21.6やK22等、純度の高い金になることが多いですね。

あ、ちなみに金貨は1oz(オンス:正式にはトロイオンス)で表記されていることが大体かと思いますが(オンス表記が無いものもあります)、1oz(オンス)は31.1gなんですけど

K21.6(21.6金)やK22(22金)のオンスに関しては、このオンスのグラムが当てはまりません。

K22(22金)の地金型金貨は、金貨の総重量と金含有量とは一致せず、総重量は純金金貨より重くなっています。

そのため、1oz刻印があっても1ozとは33.9gになります。

K22(22金)の金貨として有名なのは、クルーガー金貨(南アフリカ・クルーガーランド金貨)やアメリカのイーグル金貨が代表格といえるでしょう。

K21.6(21.6金)はオンス表示するものが少なく、金貨としての発行されたものが多いです。

有名なのはアメリカのインディアン金貨やメキシコのペソ金貨が出回っている金貨で有名といえるでしょう。

ちなみにアメリカのインディアン金貨は10ドルと5ドルがあり、10ドル金貨は16.7g。5ドル金貨は8.3gとなります。

ペソ金貨は2ペソで1.6g。10ペソで8.3gとなります。

 

 

ここまで、K18(18金)やK24(24金)、K22(22金),K21.6(21.6金)等と書いてきましたが、そもそもの純度についてご説明をしようかと思います。

 

K24(24金)は純金とも言いますから、純度99.99%以上が金の製品になりますよね。

K22は約91.6%金が使用されているということです。わかりやすいのは22÷24をした数値ということです。

海外では<916>という表記をしたりします。この刻印があった場合はK22(22金)なのだと考えましょう。

K21.6(21.6金)は90%金が使用されていることです。上記同様に21.6÷24をした数値ということですね。

海外では<900>という表記をしたりします。この刻印があった場合はK21.6(21.6金)なのだと考えましょう。

 

では、一般的に加工品として使われているK18(18金)やK14(14金)はどの程度の金保有量なのでしょうか?

上記と同じように計算をしてみるとわかりますね!

18÷24 = 0.75となります。つまりは75%の金が使われているということです。

ブランドジュエリーで海外製品を見ると<750>という刻印を目にした方は多いかと思います。

海外製品で<750>という刻印があったらK18(18金)だと考えましょう。

同じくK14(14金)は14÷24 = 0.58333・・・・となります。

海外製品で刻印は<585>となります。

 

さて、ノンブランドジュエリーやブランドジュエリーで750や585が多い理由はなんでしょう?

理由は至極簡単で、K24(24金)の純金では柔らかすぎるということなんです。

金の純度が上がると、柔らかくなります。

そのため、純金でネックレスや指輪を作ると、ぶつかった際や引っ張った際に変形しやすくなります。

製品の形状を守るため、75%や58.5%の金保有にして、強度を増させたものがジュエリーとしては多いということです。

 

さて、そんなこんなですが、とはいえ埼玉県飯能市までは行けないよ!という方には宅配買い取りもご用意しております。

宅配買取は、お申し込み頂きましたら商品梱包用の梱包キットと買い取り申込書、弊社着払いの送り状をお送り致します。

買い取りキットが到着しましたら、買い取り申込書に必要事項を記載のうえ、身分証明書のコピーを同封して商品と一緒に着払いにてご返送下さい。

当店に到着しましたら、一点一点査定をさせて頂きます。

査定が完了しましたら、お客様のご希望のご連絡方法(電話・メール・FAX)にてご連絡をさせて頂き、買い取り金額にご了承頂きましたら、お客様の口座へお振込みさせて頂きます。

ちなみに、商品の発送はご自宅にいながら集荷をすることも可能です。

今のコロナウイルス感染症が流行している状態では、外にあまり出たくないという方には宅配買取は、すべてが家にいながら完結出来ますから、うってつけといえると思います。

 

買い取りのサイトは下記アドレスからお申し込みが出来ます。

https://www.daikokuya-hannou.com/

 

申し込み方法がわからないという場合は、お電話にて宅配買取の申し込みを承ることも可能です。

電話番号:042-972-3997 又は 03-5537-3990

 

また、メールで先に査定してもらいたいということも可能です。

その際のメールアドレスは下記となります。

メールアドレス:kaitori-qa@daikokuya-hannou.com

 

宅配買い取りはちょっと・・・・という方で、外に出るのは今は・・・・という方。

埼玉県飯能市の近郊(飯能市、日高市、入間市、所沢市、狭山市、鶴ヶ島市、川越市)は出張買取も行っております。

他の場所に関しても、スタッフ状況によってはご対応できる場合も御座いますので、出張買い取りをご希望される場合は、一度ご連絡をいただければと思います。

宅配買い取りのご用命は電話にて受け付けております。

電話番号:042-972-3997

 

長々と書きましたが、埼玉県飯能市のDS大黒屋本店では店頭買取りはもちろん、宅配買い取り、出張買い取りとお客様のニーズに合わせてご対応出来るよう努めております。

何かご不要なものが御座いましたら、又は処分に困っている等、どうしたら良いか迷っていることがありましたら、お気軽にご相談いただければと思います。

遺品整理、生前整理、断捨離等ご相談下さい。

買い取り実績は埼玉県飯能市はもちろん、日高市、入間市、所沢市、狭山市、川越市、鶴ヶ島市、秩父市、青梅市、立川市、福生市、武蔵村山市、あきる野市他他県からのご利用もあります。

査定料無料、鑑定料無料、相談無料です。

安心してご来店頂ければと思います。

 

【DS大黒屋本店】

埼玉県飯能市栄町19-8

042-972-3997

水曜定休

営業時間:10時~19時

【大黒屋GINZA】

東京都中央区銀座5丁目6-14 銀座ビルディング2F

03-5537-3990

営業時間:11時~19時30分(現在、コロナ禍中は19時迄)