大黒屋は多くのお客様に支えられ、創業60余年を迎えました

大黒屋大黒屋 無料査定・高価買取実施中!

お電話でのお問い合せはこちら 042-972-3997

お問い合せはコチラ

大黒屋スタッフブログ

2017/12/21(木)

ウォルサムの高価買取なら大黒屋へ

買取


ライン査定
ウォルサムの高価買取なら大黒屋へおまかせください!

ウォルサムとは

ウォルサム(WALTHAM)は、1849年エドワード・ハワード(Edward Howard)アーロン・ルフキン・デニスン(Aaron Lufkin Dennison)、デイヴィッド・デイヴィス(David Davis)がマサチューセッツ州ロックスペリーで「デニスン・ハワード・デビス社」を設立したことから始まりました。しかし、ロックスペリーという土地は、時計を製造するには不向きだったため、1850年にボストンから西へ20km離れたウォルサムに赤レンガの工場を設立しました。
品製造のための工程を完全オートメーション化にし、初めて時計の大量生産を実現しました。アメリカン・ウォルサム・カンパ二ーなど社名の変更を繰り返しながら確実に売上を伸ばしていき、第2次世界大戦時には軍需工場となり、「タイプA-11」や「タイプA-17」を生産し供給しました。その後、ウォルサムの時計はアメリカ大統領となったリンカーンにも愛用。アメリカの鉄道会社を中心に世界50カ国以上で鉄道時計としても採用され、1876年には、フィラデルフィアの万博で金賞も受賞しています。


ウォルサムの時計は日本にも縁があり、1897年には、日本鉄道の公式時計として採用され、川端康成が愛用していたとことでも知られています。1981年からは日本の宝飾品メーカーの平和堂貿易の傘下に入っており、現在、メインマーケットは日本であり、今後は再び国際的なブランドとして普及することが期待されています。

懐中時計が有名な「ウォルサム」は、時計マニアからの支持が高く長い歴史とともに愛され続けています。



order_blog



ウォルサムの愛用者

世界的にも著名な愛用者が多く、中でも、アメリカ大統領リンカーンやジェームズ・ブキャナン、小説家の川端康成さんが愛用していたというのが有名です。



order_blog



ウォルサムの買取実績

アンティーク市場でもトップクラスを誇る「ウォルサム」を当社は高価買取いたします。

刻々と変化する最新の市場価格をもとに、経験豊富な時計専門鑑定師が適切な価格をご提示いたします。

ぜひこの機会に、お気軽にご相談ください。

choice_blog

さらに当社では次回ご利用時にお使い頂ける買取ポイントが貯まります!

point_blog

order_blog



【大黒屋 飯能本店】

埼玉県飯能市栄町19-8

電話:042-972-3997

営業時間:10;00~19;30(日曜、祝日は19;00まで)

定休日:水曜(祝日の場合は営業)



【大黒屋GINZA】

東京都中央区銀座5丁目6-14 銀座ビルディング2階

電話:03-5537-3990

営業時間:10;00~19;30

定休日:年中無休(年末年始、棚卸し等を除く)